夫婦でお互いのチェック

痴呆症と年齢

痴呆症は認知症とも呼ばれていますが、年齢と発症の関係はどうなっているでしょうか。
若い世代と高齢者を比較するとすぐにわかりますが、高齢者ほど痴呆症にかかりやすいことは間違いありません。
これは脳に限らず体全体の血管の働きが衰えることが原因だと言われています。
ただ、高齢者だけが痴呆症にかかるわけではありません。
働き盛りの年代でも痴呆症になる場合があります。
高齢者と比較する意味で若年性認知症と呼ばれています。
65歳未満の場合を若年性と呼んでいます。
若年性認知症の患者は全国で3万人以上いると言われています。
まだ、家族を養わなければならない年代で認知症になると、家族の精神的ショックや経済的な負担が大きくなります。
若くても、認知症にならないように予防をしておくことが大切です。
物覚えが悪くなったとか、新しいことを覚えられないと言った自覚症状があるならば、介護施設で相談したり病院で検査を受けましょう。
最近は物忘れ外来などの診療を行っている病院も増えてきました。
自分の日ごろの行動を振り返ってみることが大切です。
若いころと比較して、体が衰えることは当たり前ですが、頭の働きに違和感があるなら要注意ですね。
認知症になってからのことを考えるよりも、認知症にならない方法を知ることが大切です。
脳こうそくなどの血管の病気になると、認知症になる可能性が高くなります。

日ごろから健康的な生活を送ることが大切です。
自分だけでできることはたくさんありますし、夫婦でお互いのチェックをするのもいいですね。
介護施設では認知症の説明会なども開かれています。

介護施設とは

介護施設はたくさんあります。
高齢者が増加していることもありますが、介護保険を受けて介護施設に入所する人が増えたからです。
介護施設の比較サイトがあります。
単純に料金などを比較するだけではなく、実際に行われているケアについてチェックすることが大切です。
痴呆症の老人を専門的に受け入れる介護施設もたくさんあります。
一番安心できるのは有料の老人ホームです。
費用は掛かりますが、しっかりとしたケアが期待できるでしょう。
特に痴呆症の場合は、自分の状況を把握できないことが多く、スタッフの対応次第で安心できるかどうかが決まるからです。
料金に見合ったお世話が期待できます。
一般の介護施設ではスタッフの給料が安いため、雑な世話になるケースもあります。
安価な介護施設と有料老人ホームの対応を比較してみるといいですね。
インターネットにはこれらの情報がたくさんありますが、実際に経験した人でなければわからないこともたくさんあります。
また、最近の傾向として老人虐待が心配されることも多く、行政によって強制的な隔離処置が取られることもあります。
本当に虐待をしているならば大きな問題ですが、その気がなくても結果として逆他になってしまうこともあります。
介護施設のスタッフは気を付けていますが、痴呆症の患者は周りのことがわからないことの多く、問題を難しくすることにもなります。
あなたの親が痴呆症になったら、どのような施設に入れるかを考えておきましょう。